痩せすぎな男が体重と筋肉を増やしていく方法【経過記録】

こんにちは。
清水唯叶です。

2ヶ月前(2019年9月)に体重と体脂肪を測ったら驚きの結果が・・・

 

 

体脂肪3%!?

トレーナーさんと一緒に驚きましたw

体重も53kg。
身長175cmくらいなので完全に痩せすぎです。

痩せていると不健康そうに思われたり、なめられたりします(笑)
(僕が童顔ぎみなのもあるかもしれませんが・・・)

ということで体重と体脂肪を増やそうと決意しました!!

2ヶ月後はこちら。

体重が2kg増
体脂肪が4.6%増

おお!増えた!!

まぁまだ痩せ型なんですが・・・(笑)

成果は出ているのでやったことをまとめていきます。
もし同じように痩せて悩んでいる人がいれば参考になるかな?とも思うので。

筋トレ

筋トレは大事です。

筋肉のほうが脂肪より重量は重いので筋肉を増やしたほうが体重も増えます。
それにシルエットも綺麗です。

 

もともとは筋トレするためにジムに通いだしたわけですし。

たまたま「最初に体重はかってみましょうか!」って言われて測ったら上記のような数値を叩き出したわけですw

2ヶ月での筋肉の変化はこちらです。

0.6kg減ってる?
謎ですね。

最初、身体の写真を載せようと思ってみたけど、「なんとなく筋肉ついた・・・かな?」って程度だったので増えてないのかもしれません(´;ω;`)

 

筋トレ量を考えてみると

ジムに行く前は自宅で週3~4日は筋トレしてました。

ジムに行きだしてからは週2回ジムで筋トレして、家では暇なときって感じだったので頻度が減っているのかもしれません。

とはいえ、上げられる重量は増えているので体感では筋肉は増えていると思うのですが・・・。

食事

意識して食べるようにしているのは以下のものです。

・鶏肉(豚なども)
・野菜全般
・納豆(大豆、発酵食品)

基本的にはタンパク質ビタミンがしっかり摂れることを目指してます。

発酵食品は腸内環境を整えてくれるので栄養の吸収率が上がります。

 

あとは改めて思ったのが僕は食事量自体が少ないです。

たぶん、痩せている人みんなそうではないでしょうか?

基本的に運動した後は交感神経が優位なので食欲は減ります。

さらにプロテインを運動後には飲みます。
タンパク質にも食欲を減らす効果があります。

先日ツイートしたようにインクレチンが働きます。

だからこそ、意識的に食べて栄養を摂らなければいけません。

とはいえ、無理に食べるのはつらいです。

なので、僕は自分の食べたい時と食べたい量で食べることにしました!

その代わり足りない分はプロテインで補うことにしました。

プロテイン

 

僕が飲んでいるのはこちらです。

これはカロリーも多く摂れるプロテインです。

普通のプロテインはタンパク質の補助のみです。

ですがこれはタンパク質に加えカロリーが多く含まれています。

 

飲み方は500mlに4スクープと記載されています。
容器の中に「さじ」が入っているので「ひとすくい」が1スクープです。実際に4スクープ入れると500mlの水では溶けないです。

僕は1スクープを200~300mlくらいの水に入れて、1日3~4回に分けて飲んでいます。
結局は3~4スクープ分を飲んでいることになるので変わらないかなと思います。

 

冒頭で紹介したとおり、体重が2kg増、体脂肪が4.6%増となりました。
効果はあると思います。

僕は2019年1月に入院し退院時に測った体重が54kgでした。
9月に測った体重も54kgでした。

退院してご飯もたくさん食べれるようになり運動をしていても半年間で体重は変動なかったことになります。

しかし、このプロテインに変えてから2ヶ月で結果が出ているのでこれからも飲み続けてみようと思います。

 

ちなみにもし同じように悩んでいる方がいて試してみたい場合iHerbのほうが安いことが多いです。
安いときはAmazonの半額くらいで買えるのでおすすめです。

ただし海外から発送されるので1週間くらい届くまでかかります。
すぐに欲しい場合はAmazonをおすすめします。

まとめ

・変化は2ヶ月で体重2kg増体脂肪4.6%増でした
・筋トレは自宅での頻度を減らして、ジムでの筋トレ量を増やしました
でも結果を見ると筋肉が増えてないので頻度も増やさないといけない
・食事はタンパク質ビタミンを多く摂れるようにしています
マスゲイナーを飲む

体重を増やす点では効果が出ているのでこのまま継続しようと思います。

筋トレはもう少し負荷と頻度を増やしていこうと思います。

結構、自分のただの反省になってしましましたが、毎月、測定して変化を書いていこうと思います。

痩せて困っている人の参考になれば幸いです。
最後まで読んで読んでいただきありがとうございました。

運動 食事
スポンサーリンク
シェアする
清水 唯叶をフォローする
スポンサーリンク
Health Change

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました