【体験談】腸閉塞になるとどうなるのか【手術~HCU】

こんにちは。
清水唯叶です。

私は現在はフリーランスでイラストレーター・漫画家をしています。
そのきっかけとなったのが腸閉塞で入院した体験です。
腸閉塞になったのが2019年1月で、この記事を書いている半年前です。

元々は看護師をしていたので、病気の知識も入れながら踏まえ説明していきますので参考にしていただければと思います。

この記事を書いているのは皆様に病気のことを知っていただければという気持ちがあったからです。
また途中まで描いている漫画のプロットにしようと思っています。
今は時間がなくて漫画にできないので、まずは文章にして少しずつ漫画にしようと思います。
今すぐ詳しい内容を知りたい方は文章で、文章読むの面倒な方は後々に漫画で見ていただければと考えてます

この記事の大体ボリュームとしては漫画にした分の6~10話です。

看護師だけど腸閉塞になった話【6~10話】
2019年1月に入院したときの体験談を漫画にしました。腸閉塞の体験マンガの6~10話目です。

腸閉塞になった体験についてお話します

私の入院中のおおまかな流れは以下です。

①強烈な腹痛、吐き気で受診
②入院
③手術
④水分、食事開始
⑤直後にまた腹痛があり腸捻転
⑥再手術
⑦水分、食事開始
⑧無事退院

前回の記事では①②について書きました。
今回は③について書いていきます。

手術

手術までは病室で痛みをこらえながら横になっていました。
この時、家族が背中をさすってくれたので少し痛みが和らぎました。
これは「タッチング」という技法で苦痛の軽減につながる効果があります。
知らない人に急に触られたらドン引きですが、信頼している人などにさすってもらえば安心感からか痛みが減ります。
傷の痛みなどには触ると良くないですが、内臓や心理的な痛みには効果があるので、身内が病気になってしまったときなど行ってあげてください。

そして夜が明け昼頃に手術に呼ばれました。
ストレッチャーで運ばれ、すぐに麻酔で眠ってしまいました。
そして起きるとHCUに移動していました。
手術の間の記憶は全くありません。
この時、全身麻酔で手術を行ったためです。
局所麻酔だと意識はある状態で手術するので長く感じると思います。

うっすら意識がある中で医師から手術は無事終わったと言われました。
痛みもなくなり安心して私はまた眠ってしまいました。
私は丸一日くらいは寝られずにずっと腹痛と痛みに耐えていたので、体がかなり疲れていたのだと思います。

HCU

次の日の朝、私は目覚めました。
手術が終わったということ以外は何もわからない状態だったので、とりあえず天井を見てボーっとしていました。
どうやら、点滴と酸素マスクがついていることは見てわかりました。
後から説明されてわかりましたが、膀胱留置カテーテル(おしっこの管)も入っていました。
ちなみにこれらは全身麻酔で手術をすると必ず使われます。
病気によっては他にも体に付くものが増えます。

時計もないので時間もわかりません。
電気はついているので昼間になっているんだろうと予想します。
(夜間は電気を薄暗くし患者さんが寝やすくします。)

そしておそらく今日担当の看護師の声がしました。
基本ペアで行うので1人は女性の看護師、もう一人は男性の看護師でした。
男性の看護師はインパクトが強く、長髪でガタイのいい人でした。
男性のインパクトが強くて、正直、女性の看護師の顔は覚えていませんw

おそらく30~40代くらいのけっこうベテランな雰囲気だったのでケアも良いものでした。
話を振ってくれたり、運動を促してくれたりといろいろ助かりました。

術後は特に自分の状況や体に何がつながっているかもわからない状態です。
術後の看護師の関わりはかなり重要だなと改めて思いました。

ちなみにこの時点では手術で切った傷の痛みがありました。
普通に寝ていればそこまで気にならないけど動くと痛みが強くなります。

また全身麻酔の影響で腸は動きが止まっています
再度動くようになるまで3日くらいかかります。
できれば術後は早いうちに動き始めたほうが腸の動きも促され腸蠕動の回復が早くなります。
そのためお腹の痛みはあるけど動かないといけません。
そのときにも男性の看護師さんのほうが力もあるため助かりました。

そして午後の2時くらいに病棟のほうへ移るといわれ、ベッドごと個室の部屋に移動になりました。

まとめ

手術~HCUまでを書きました。
当然ですがこの辺りが一番つらいです。
手術までは病気の苦しみ、手術の後は生活が制限される苦しみがあります。
ですが日ごとにできることが増えていくのでモチベーションになります。

今回のまとめは以下です。

・手術まで痛みがある場合「タッチング」が有効
・全身麻酔だと手術は体感ではすぐ終わる
(実際には何時間もかかってますが)
・全身麻酔だと術後に体にたくさん管がつく
・腸の手術の場合、術後に早めに動き始め、腸の蠕動を促すことが大切
・見た目は変わってても良い人は多い。
 (看護師は人柄が第一!)

最後までお読みいただきありがとうございました。
これからも続きを書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました