【体験談】腸閉塞になるとどうなるのか【発症~処置】

こんにちは。
清水唯叶です。

私は現在はフリーランスでイラストレーター・漫画家をしています。
そのきっかけとなったのが腸閉塞で入院した体験です。
腸閉塞になったのが2019年1月で、この記事を書いている半年前です。

元々は看護師をしていたので、病気の知識も入れながら踏まえ説明していきますので参考にしていただければと思います。

この記事を書いているのは皆様に病気のことを知っていただければという気持ちがあったからです。
また途中まで描いている漫画のブロットにしようと思っています。
今は時間がなくて漫画にできないので、まずは文章にして少しずつ漫画にしようと思います。
今すぐ詳しい内容を知りたい方は文章で、文章読むの面倒な方は漫画で見ていただければと考えてます

この記事の大体ボリュームとしては漫画にした分の1~5話までです。

看護師だけど腸閉塞になった話【1~5話】
2019年の1月に入院したときの実体験を漫画にしました。腸閉塞の体験談漫画1~5話です。

腸閉塞になった体験についてお話します

結論から言うと、滅茶苦茶つらかったです(ーー;)

主な症状は腹痛と吐き気です。
そのため食事も摂れず、点滴のみ。
イレウス管という処置、手術なども必要なため大変です。

私の入院中のおおまかな流れは以下です。

①強烈な腹痛、吐き気で受診
②入院
③手術
④水分、食事開始
⑤直後にまた腹痛があり腸捻転
⑥再手術
⑦水分、食事開始
⑧無事退院

手術が2度になってしまったので入院も伸び1か月となりました。
本来は2週間ほどだと思います。
⑦⑧くらいになると随分と体調も良くなりましたが、⑦まで大体3週間くらいかかりました。
項目ごとに詳しく書いていくのでイメージしていただければと思います。

腸閉塞とはそもそもどんな病気なのか

簡単に言うと、「腸がなんらかの原因で閉塞したり、動きが止まってしまうこと」です。
私の場合は「癒着」といって腸同士がくっついてしまい閉塞してしまいました。

腸が閉塞すると閉塞した部分から先に便が進みません。
そのため腸が膨らみ痛みになったり、逆流して嘔吐になって症状が現れます。

もっと詳しいところは別記事を参照してもらえればと思います。

発症

私は東京に用事があり日帰りで来ていました。
人と会っていたのですが、その間は特に体調に問題ありませんでした。

あえて前兆を振り返るなら、半年前くらいからたびたび胃痛があったことです。
病院にも行きましたが、ただの胃腸炎だと診断されました。
胃薬を飲んで休めば治って、また痛くなってをたびたび繰り返しながら看護師の仕事をしていました。

発症した日の話に戻ります。
東京からの帰り道、新幹線に乗っていると急に腹痛が襲ってきました
トイレに行っても何も出ず、仕方なく東京~長野間の1時間半ほどの間は痛みを耐えることになりました。

なんとか家まで帰り次の日も仕事なので早く休めば治ると思いベッドへ直行しました。
しかし痛みでまったく寝れません
夕食は摂っていないのに吐き気もしてきました。
腸閉塞の知識はあったので、症状から予測ができました。
本来なら自分の聴診器でお腹の音が聞こえないのを確認するところですが、そんな余裕もなく病院に行くことを決めました。

このとき深夜の12時を過ぎていたと思います。

入院

実家に住んでいたので親に病院まで連れていってもらい、救急外来で診てもらいました。(救急外来しか夜間はやってないです)

簡単に診察を受け、医師からは予想通り「腸閉塞」であると言われました
総合病院を受診したのですが、手術などはその病院の新しい分院で行っているため、そちらに移動しました。

移動した病院は私の地域では一番大きな救急指定の病院だったので手術から退院まで対応していただけました。

私は車いすで救急の処置室に連れていかれ、まずは点滴などの処置を受けました。
この時点で吐き気もひどく、頻繁に嘔吐していたため脱水症状も出ていました。
また痛みや吐き気で苦しいため身体も動いてしまい、脱水症状と合わせ、点滴の針も入れずらい状態でした。

処置

そして医師から処置として「イレウス管」を行うことを告げられました。

これがとても地獄ですw

イレウス管とは閉塞した腸の中の内容物をチューブで外に出すことで、痛みや吐き気を解消する処置です。

鼻からチューブを入れ、腸の閉塞した部分に届くまで進めていきます。

チューブがかなり太いので、鼻の穴の大きさギリギリくらいの太さでしょうか。

ただでさえ吐き気がある中で、鼻→喉→胃→腸までチューブを進めていくのですから「オエッ」と嘔吐が誘発されます。

この処置は「透視」というレントゲンのような機械で体の中を見ながら行います。
私の場合はなかなか胃→腸の部分でチューブが上手く進められず1時間ほど処置を行いました。
本来は30分くらいで終わると医師は言っていました(ホントか?と思いましたが)

1時間も頑張ったのにチューブは腸まで到達できず、私のほうから断念してもらうよう伝えました。
今、考えてもあのまま続けたところでチューブはうまく入らなかったでしょう。
夜間で人も足りず、なかなか成功せず医師もイライラしてなおさら悪循環な状態でした。

必要な処置ですが患者の苦痛をみて引くことも必要ですね。
患者さんに伝えたいのは自分の意思を伝え、医師から選択肢を提示してもらい選ぶことです。
提案せず自分の判断だけで治療する医師もいます。
緊急ですぐ手術しないと死ぬという場合は別ですが、自分に選択できる余地があるなら自分の気持ちを伝えるのも大事です。

こうして手術を行うことが決まりました。
このとき深夜のため、手術は昼になってからでないとできないので、病室で休むことになりました。

とはいえ痛みでまったく寝れませんでした。
吐ききったからか吐き気は落ち着いていました。
このときは早く手術してもらえるのをひたすら待っていました。

まとめ

とりあえず発症してからの1日目を書きました。
序盤は書くことが多いのでボリュームが多いですが、だんだんスムーズに進行します。

今回の内容を簡単にまとめると以下です。

・腸閉塞はとても辛い
・症状は腹痛、吐き気、便が出ない(腸が動かない)
・吐くと脱水になる
・処置はイレウス管か手術
・イレウス管はとにかく地獄w

最後までお読みいただきありがとうございました。
続きはちょくちょく書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました