【体験談】腸閉塞になるとどうなるのか【処置~再手術】

こんにちは。
清水唯叶です。

私は現在はフリーランスでイラストレーター・漫画家をしています。
そのきっかけとなったのが腸閉塞で入院した体験です。
腸閉塞になったのが2019年1月で、この記事を書いている半年前です。

元々は看護師をしていたので、病気の知識も入れながら踏まえ説明していきますので参考にしていただければと思います。

この記事を書いているのは皆様に病気のことを知っていただければという気持ちがあったからです。
また途中まで描いている漫画のブロットにしようと思っています。
今は時間がなくて漫画にできないので、まずは文章にして少しずつ漫画にしようと思います。
今すぐ詳しい内容を知りたい方は文章で、文章読むの面倒な方は漫画で見ていただければと考えてます

腸閉塞になった経験についてお話します

私の入院中のおおまかな流れは以下です。

①強烈な腹痛、吐き気で受診
②入院
③手術
④水分、食事開始
⑤直後にまた腹痛があり腸捻転
⑥再手術
⑦水分、食事開始
⑧無事退院

前回の記事では④~⑤の間について書きました。
今回は⑤~⑥について書いていきます。

またイレウス管にチャレンジ!!

9日目。

どうやら日を置いても改善する見込みもなく、また再発している疑惑が高まりました。

腸閉塞の時、まず何の処置をするかというと・・・

そう!
「イレウス管」です!!

マジでやめてくれ・・・(ーー;)

前回は夜中の緊急での処置だったので人も少ない状況でした。
今回は昼間なのでスタッフも多く「大丈夫だから」と医師は言います。

「入らなかったらどうしてくれるか・・・」と心の中で思いながら処置が始まります。
完全に地獄の拷問・・・。

1時間くらい経った頃、やっと「腸まで届いた」と言われました。

私はすでにぐったりして死にそうです。

管をテープで固定して抜けないようにします。
そして病室へ戻りました。

片鼻にチューブが入りふさがっているので違和感があります。
横を向こうと顔を動かすとチューブが喉に当たり吐き気になります。
私は影響のない姿勢を探し、何とか回復するまで粘るしかありませんでした。

とはいえ、イレウス管を通して腸にたまった腸液などが外に出されるのでお腹の痛みはかなり楽になりました。

これで後は腸が自然に元に戻ってくれればいいのですが・・・

分岐点

10日目。

造影剤を入れ、レントゲン検査をすることに。
造影剤を入れてそれが腸を通って便で出れば、腸は戻っているということ。

すぐには結果が出ないので最低3時間は待ってからレントゲンを撮るといわれました。

結果は・・・

造影剤に動きはありませんでした。

さらに3時間後にも再度、レントゲンを撮りましたが変わりなし・・・。

これで再発が確定し、またどん底に突き落とされました。

再手術

11日目。

最終確認で血管造影CTを撮りました。
血管から造影剤を入れてCTの機械にウィーンってスライドして撮るアレです。
やはり結果は閉塞しているとのことでした。

その日のうちにオペをすることに決定

手術室へ連れていかれる。

そしてまた全身麻酔で起きたら手術は終わっていました。

後から聞いた話では、小腸の下半分がねじれて完全に使えない状態だったため切除したとのことでした。
そして大腸とつないだそうです。

つまり今回は癒着(くっつく)ではなく捻転(ねじれる)していたのが原因で元には戻らなかったそうです。

HCUでの一夜

前回は術前から寝れておらず、手術の後も寝てしまっていたのでHCUでの記憶は昼間のわずか数時間でした。

今回は前日も寝ていたし、手術も昼頃に始まり終わったのが夕方だったので一夜過ごすことになりました。

そして手術の後というのは大体眠れません
麻酔で寝た後というのと、動きが制限されるなどかなりリラックスしにくい状態だからです。

自分の身体に何がつながっているかもわからないまま、なんとか寝ようと目をつぶりました。

しかし前回同様に口の中が異常に乾きます
冬で暖かくなっており、酸素マスクも付け、術後で出血もしたので脱水ぎみだからです。

当然、水は飲めないのでガーゼを湿らせて口を拭くしかありません。
看護師さんにお願いし用意してもらえました。

ガーゼを使いきり新しいガーゼをもらおうとナースコールを押したところ・・・

最悪の看護師

ナースコールを押し来た看護師は使ったガーゼを見て、「たくさんガーゼを使い捨てられないので、同じものを再利用してください」と言いました。
「いや、唾液の固まったのをやっととったやつとか、痰出したやつとかあるんだが・・・」と思い、伝えると・・・

「じゃあ、3枚新しく出すのでこれを朝まで使ってください」といいました。
しょうがなく渋々、納得しました。

コスト面を考えるのもしかたないのか・・・と。

この夜、ナースコールで来てくれた看護師は4人くらいいましたが、一番多く来たのがこの嫌な看護師だったので担当だったのでしょう。

何が身体につながっているかわからない状態で説明もせずに「動かないでください」と言われ、説明してくれと言うと「看護師ならわかるでしょ?」と言われる。

「わからねーよ!、だったらカルテみせろや!」と切れたくなりました。

そのほかにも無言で声もかけずに採血するし。
(ありえないよ(ーー;))

届かないところにあるものを取ってほしいと頼むと「自分で取ってください」と言われるし。(仕事してよ(>_<))

もうこの人には2度と診てもらいたくないと思いました。
ちなみにこの病院で嫌な気持ちにさせられたのは、全職種スタッフ含めてこの看護師だけです。

私は基本的に悪口を言うことに意味はないと思っているのですが、今思い出しても一番嫌な思い出だったので書いてしましました。

読んでくださっている方を不快にさせたらごめんなさい。

ちなみに術後の一夜のケアはとても大切です。
自分が働いているときも手術を終えた患者さんから「昨日の夜は本当に助かった」とか、「あの看護師さんのケアはホントに良かったから君も参考にしなよ」とか患者さんから聞くことは多かったです。

やはりつらい時を支えてくれる人というのは記憶にも残りやすいですよね。

HCU→病棟へ

12日目。

9時になり看護師さんも昼間の人に交代しました。

昼間は2人ペアで診てくれるのですが、ホントに善い人達でした。

自分の不自由にしているところをケアしてくれるし、医師からも動くようにと言われていたので早期離床も助けてくれました。
心の底から安心したのを覚えています。
こちらも相談しやすいのでコミュニケーションも取りやすく過ごしやすかったです。

午後には笑顔で見送られて病棟へ戻りました。

もうすでに約2週間、入院しているので知っている顔の多い病棟に戻ると安心しました。

まとめ

今回は⑤~⑥についてでした。
日数では9~12日目までです。

今回のまとめは以下です。

・イレウス管はやはり拷問!
(でも今回はちゃんと腸まで届き楽になった)
・イレウス管のチューブが喉に当たると吐き気がある
・嫌な看護師もいる(滅多にいないけど)
・術後のケアや接し方はかなり大事
・つらい時に助けてくれた人はずっと残る

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました